[PR]

 千葉大学医学部5年の男子学生3人が酒に酔った女性に性的暴行を加えたとされる事件で、このうち準強姦(ごうかん)罪に問われた増田峰登被告(23)に対し、千葉地裁は30日、懲役3年執行猶予5年(求刑懲役4年)の判決を言い渡した。

 判決によると、増田被告は昨年9月21日未明、千葉市内の自宅で、酒に酔って抵抗できない状態の20代女性に性的暴行を加えた。

 事件では、他に吉元将也(23)、山田兼輔(23)両被告が、千葉市内の飲食店で同じ女性に性的暴行を加えたとして集団強姦罪で公判中。医師の藤坂悠司被告(30)も店内でこの女性の体を触ったとして準強制わいせつ罪に問われている。(滝口信之)