[PR]

 陸上の世界選手権(8月、ロンドン)マラソン代表になった公務員ランナー、川内優輝選手(30=久喜高定時制主事)が30日、上田清司知事を訪問し「三度目の正直。今回こそはメダルを狙いたい」と述べ、ともに18位に終わった過去2大会の雪辱を誓った。

 川内選手は昨年の福岡国際で日本人1位の2時間9分11秒をマークし代表に選ばれた。年末年始にはロンドンを訪問し、コースを3回試走して「急カーブとスピードが出る直線の組み合わせが面白い」とイメージを膨らませたという。

 2011、13年大会では序盤の無理がたたり失速。勝負強さを鍛えるため積極的に海外レースを経験し、強豪のアフリカ勢にも「おじけづかなくなった」という。今回を最後に日本代表争いから「撤退」する意向を表明しており「過去のすべてをぶつける」と決意をのぞかせた。(金子智彦)