[PR]

 歌手・俳優の堂本光一さん(38)が主演する舞台「エンドレス・ショック」(作・構成・演出ジャニー喜多川さん)の上演が3月31日、帝国劇場(東京都千代田区)の千秋楽公演で、通算1500回に達した。2000年11月、「ミレニアム・ショック」として初演され、一つのミュージカルを同じ俳優が単独主演する国内最多記録を更新中だ。これまでに累計約270万人の観客を動員、初演以来全公演が前売り開始日に即日完売を達成している。

 堂本さん演じるコウイチや仲間たちが、ブロードウェーで頂点を目指しながらショーを続ける話。貫く信念は「ショー・マスト・ゴー・オン(何があってもショーは続けなければならない)」。高さ約5メートル、22段の階段から転げ落ちる場面やフライングもある。22段の階段落ちは02年6月公演から始まり、これまで通算3万492段の階段落ちをしたことになるという。

 満席の約1800人の観客が詰めかけた。特別カーテンコールでくす玉が割られ、東山紀之さんと森公美子さんが訪れた。白い階段に1500本の赤いバラも飾られた。東山さんは「1500回というのはとてつもないこと。僕は50歳ですが、君も50歳までできるんじゃないか。光一さんの精神力と頑固さと続けることへのエネルギーはすごい。ギネスをつくってほしいなと思う」と発破をかけた。

 堂本さんは「(1500回の達…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも