拡大する写真・図版 JR新宿駅のホーム下に広がる巨大空間。ひっきりなしに頭上から列車の走行音が鳴り響く=3月、東京都

[PR]

 まるで地下神殿――。JR新宿駅は、朝から晩まで乗降客が絶えない。その変わらない日常が続くホームの真下で、大規模改修がひそかに進んでいる。長く駅の東西を往来するのが不便だったのを解消するため、広い自由通路をつくる工事だ。3月下旬の昼間、JR東日本に現場を見せてもらった。

 東口改札を入り、人混みの通路を左斜め前方にまっすぐ進む。7番線と8番線の案内表示がある壁に、普段は鍵のかかっている目立たないドアがある。特別に開けていただいた。

 薄暗い。

 奥行き約70メートル、幅約40メートル、高さ5~7メートルの巨大空間が姿を現した。ところどころがライトで照らされ、ホームなどを支えるための太い柱が、神殿のように整然と並ぶ。

 頭上からは、ひっきりなしに電車の走行音が響く。高架橋の下を歩いている時のようなそれなりに大きな音だ。車体が行き交う時の影が、線路やホームの隙間から途切れ途切れに走っていく。そんな空間で、重機が穴を掘り、測量作業などをする人たちがせわしなく動き回っていた。

 「新宿駅は、たくさんの人が訪れます。でも、東西に抜ける通路が離れていて不便でした。それを改善させます」。案内してくれた東京工事事務所新宿工事区の山中智文副区長が、説明してくれた。

 電車が南北に行き交うJR新宿…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら