[PR]

 文部科学省をめぐる違法な「天下り」あっせん問題で、岸田文雄外相は30日、文科省の調査結果で停職処分相当とされた元文科次官の山中伸一・ブルガリア大使から、大使の辞意を伝えられたことを明らかにした。外務省で記者団に語った。

 岸田氏は山中氏の辞職について「受理することにした。31日にも山中大使に帰庁を発令し、帰国後に辞職を承認する」と述べた。