[PR]

 関西電力高浜原発3、4号機(福井県高浜町)の運転を差し止めた大津地裁の仮処分決定を取り消し、運転再開を求める関電側の訴えを認めた大阪高裁決定について住民側は朝日新聞の取材に対し、最高裁の判断を仰ぐ特別抗告や許可抗告をしないと明らかにした。不服申立期限は3日で、大阪高裁の決定が確定する。

 大津地裁では、高浜3、4号機を含む福井県内の原発9基の運転差し止めを求める本訴訟が続いている。住民側代表の辻義則さん(70)=滋賀県長浜市=は朝日新聞の取材に「本訴に力を入れたい」と語った。