[PR]

 2日午後2時25分ごろ、埼玉県行田市本丸の諏訪町歩道橋から、栃木県真岡市の女児(1)が約5メートル下の歩道に転落した。女児は頭を強く打ち重傷。行田署は橋の鉄製の柵のすき間(15~20センチ)から落ちたとみて調べている。署によると、女児は会社員の父親(39)と観光で訪れ、歩道橋を一緒に歩いていて父親が目を離した隙に落ちたらしい。