[PR]

 自民、公明両党は3日、犯罪を計画段階で処罰する「共謀罪」の趣旨を盛り込んだ組織的犯罪処罰法改正案について、6日に衆院で審議入りすることを正式に決めた。3日午前、両党の国会対策委員長が国会内で会談し、合意した。

 両党は先月29日、共謀罪法案の6日審議入りを固めたが、公明党内に、性犯罪を厳罰化する刑法改正案を先に審議すべきだという意見もあり、正式合意の前に調整を続けていた。公明党の大口善徳国対委員長は3日の会談後、「この国会で(刑法改正案も)成立を期していくことに合意できた」と記者団に述べた。

こんなニュースも