[PR]

 NHKは3日、2019年の大河ドラマについて、タイトルは「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」で、主演は歌舞伎俳優の中村勘九郎さん(35)と俳優の阿部サダヲさん(46)に決まったと発表した。

 脚本家の宮藤官九郎さんが書き下ろす。日本選手が初めて参加した1912年のストックホルム五輪から、64年の東京大会までを中心に描く。

 主人公は2人で、リレー形式でつなぐ。前半は、ストックホルム大会のマラソン競技に出場した金栗四三(しそう)を勘九郎さんが演じる。後半は、朝日新聞の記者をしながらコーチとして日本水泳の礎を築き、東京大会誘致に奔走した田畑政治(まさじ)を阿部さんが演じる。同時代を生きた5代目古今亭志ん生の架空の落語に乗せ、笑いの絶えないドラマを目指すという。

 東京・渋谷のNHK放送センターで開かれた記者会見で、勘九郎さんは「1年間にわたる撮影だが、笑顔を絶やさず、体力、気力、努力で走り抜けたい」とあいさつ。阿部さんは「いま放送中の大河に出ているのでまさかないだろうと思っていた」と喜んだ。(滝沢文那

こんなニュースも