[PR]

 東京ディズニーリゾート(TDR、千葉県浦安市)を運営するオリエンタルランドが大型投資に乗り出す。2020年の東京五輪・パラリンピックを控え、訪日外国人客の数はさらに増えるとみて、東京ディズニーランド(TDL)に約750億円を投じて新エリアを建設する。投資の回収に向け、値上げを続けるかどうかは慎重に判断する構えだ。

 TDLの西側に位置する約4・7ヘクタールのエリアに新たなアトラクションなどを建設する。「美女と野獣」の世界観を再現した街並みや乗り物型アトラクションを整備。ライブシアターやロボットアニメ映画「ベイマックス」のアトラクションなどもつくる。「美女と野獣」をテーマにしたアトラクションには、乗り物型アトラクションで過去最大となる約320億円をかける。全体で約750億円規模の投資を計画している。完成予定は20年春だ。

 これとは別に、東京ディズニーシー(TDS)にも約180億円をかけて新アトラクションを建設中で、19年度に完成する予定だ。

 「2パーク開園以来の大きな投資になる。新たな夢に向かって始動できた」。オリエンタルランドの上西京一郎社長は5日、新エリアの起工式でそう話した。

 大型投資のもう一つの狙いは、…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら