[PR]

 カーリング男子の日本代表SC軽井沢クラブが5日、来年の平昌五輪の出場権獲得を決めた。日本男子の五輪出場は、1998年長野五輪以来。長野五輪は開催地枠での出場で、自力での出場は日本男子で史上初となる。

 出場枠は、2016、17年世界選手権の順位に応じて得られる五輪ポイントの合計上位7カ国・地域(開催地の韓国を除く)に与えられる。日本は、カナダ・エドモントンで開催中の世界選手権第5日を終えて8位以上に入ることが確定。16年大会では日本男子過去最高の4位に入っており、合計で上位7カ国・地域に入ることが決まった。

 SC軽井沢クラブはスキップ両角友佑、サード清水徹郎、セカンド山口剛史、リード両角公佑、控えの平田洸介。

こんなニュースも