[PR]

 シャープ首脳は6日、協力会社を含めた亀山工場(三重県亀山市)の人員を7月以降、いまの2千数百人から4千人規模に増やす考えを明らかにした。シャープはスマートフォン用のカメラ部品の生産量を倍増させる計画を進めており、その生産で亀山工場の人員を増強する見込みだ。

 シャープ首脳は「(亀山で)新規事業があり、7月ぐらいから4千人以上(の人員規模)になる。亀山としては明確にデバイス(部品)になる」と話した。亀山工場の敷地や設備を使うが、実際に生産を担うのはシャープの協力会社が中心になるとみられる。

 シャープは、複数の部品を組み…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら