[PR]

 北朝鮮外務省は6日、米朝関係をめぐる備忘録を発表し、「今の米政府の反朝鮮策動により、朝鮮半島は重大な戦争状況にある。我々はやむを得ず、米国に再三送った警告を実践に移さざるを得なくなった」と表明した。朝鮮中央通信が伝えた。

 備忘録は米国の責任を明らかにし、北朝鮮の「不可避な自衛的選択の正当性と合法性」を明らかにすると主張。最近の米特殊部隊や戦略爆撃機の朝鮮半島への投入や、米国独自の対北朝鮮制裁決議などに触れ、「敵対行為の段階を超えて全面戦争を意味している」と決めつけた。

 そのうえで「米国の策動は戦争行為、戦争犯罪」として、「我々は先制攻撃ができる合法的な権利を有している」と主張した。「攻撃が始まる場合、米国と追従勢力の軍事対象だけを狙った精密攻撃になる」と説明した。

 韓国軍などによれば、北朝鮮軍は現在、定例の演習中。朝鮮半島の東西両端では弾道ミサイルを搭載した移動発射台の展開が確認されている。咸鏡北道豊渓里(ハムギョンブクトプンゲリ)の実験場では、6度目の核実験に向けた動きも観測されている。(ソウル=牧野愛博)

こんなニュースも