[PR]

 政府は7日の閣議で、北朝鮮に対する制裁のうち、13日に期限が切れる北朝鮮籍船舶や北朝鮮に寄港したすべての船舶などの入港禁止と、輸出入の全面禁止を2年間延長すると決めた。

 北朝鮮は5日に弾道ミサイルを発射。それまでも弾道ミサイル発射や核実験を繰り返してきた。政府はこうした状況を踏まえ、独自制裁を継続することを決めた。岸田文雄外相は閣議後会見で、「対話と圧力の原則のもとに拉致、核、ミサイルといった諸懸案の包括的解決に向けて全力を尽くしたい」と述べた。(松井望美)