写真・図版
[PR]

 メールやネット検索などに便利なスマートフォン。ただ、長時間使うと目の焦点が合わなくなることがあります。そんな症状を「スマホ老眼」として、注意を呼びかける医師らに対策を聞きました。

 「老眼」と言っても、中高年がなる老眼とは異なる。老眼は、ピント調節の役割を果たす水晶体が加齢によって硬くなることが原因だ。通常、水晶体は弾力性があり、厚さを変えることで遠近を調節しているが、硬くなると調節できない。

 一方のスマホ老眼は、目の使いすぎによる疲労が原因だ。通常、水晶体の厚さは毛様体筋(もうようたいきん)が緊張したり緩んだりすることで変わる。だがその筋肉が疲れると、遠近調節ができなくなってしまう。「クイーンズアイクリニック」(横浜市)院長の荒井宏幸医師は「全力で走った後に、足の筋肉が疲れてうまく歩けなくなるのと同じイメージ」という。そのため、目を休めれば回復するとされる。

 参天製薬が「スマホ老眼を自覚する」と答えた10~50代の男女500人を対象に昨年実施した調査では、スマホの平均利用時間は平日が3・4時間、休日が4時間に上った。使用習慣は「寝ころびながら」が84%、「電車の中で」が67%、「歩きながら」が52%だった。日常的にスマホが手放せない実態が浮かぶ。

 荒井さんが勧める対策は「チラ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら