[PR]

 名古屋市長選は9日告示される。現職と2人の新顔が無所属での立候補を表明しており、3期目を目指す河村たかし氏(68)=減税日本推薦=と、市議会の自民、民進、共産3党が支援する前副市長岩城正光(まさてる)氏(62)の事実上の一騎打ちの様相だ。名古屋城天守木造化や市民税一律5%減税など、河村市政の継続か転換かが問われる。投開票は23日。

 天守木造化について、河村氏は「名古屋の宝で千年後の子どもも喜ぶ。世界中から観光客が来る。積極投資しないと、福祉もダメになる」と効果を強調。2022年末の完成に向け、着実な実現を目指す。

 岩城氏は、最大505億円に達する総事業費を市債で賄い、入場料収入で返していく計画を疑問視。「税金の無駄遣いだ」と批判する。コンクリート製の現天守に耐震補強をして維持し、木造化の必要性を再検討する考えだ。

 市民税減税については、河村氏が「税金は1円でも安いほうが庶民に温かい。そのうえで良い公共サービスも提供する」と訴える。岩城氏は「格差を拡大する税制だ」と廃止を主張。廃止後の増収分を小学校給食無償化や公園整備に充てる方針を掲げる。

 増額された市議報酬については、河村氏は「年800万円を軸に戻す」、岩城氏は「第三者委員会で決める」と主張する。

 子ども支援や福祉に関する政策は両氏とも目玉に据える。河村氏が常勤スクールカウンセラーの全小中学校配置を掲げたのに対し、岩城氏は学習支援や居場所の機能を併せ持った子ども食堂開設を打ち出した。

 ほかに、元会社員の太田敏光氏(68)が立候補を表明している。(嶋田圭一郎)