[PR]

 トランプ米大統領と中国の習近平(シーチンピン)国家主席による初の首脳会談は7日、米フロリダ州パームビーチで2日間の日程を終えた。トランプ氏は、北朝鮮問題で習氏に国連制裁の完全履行を促す一方で、中国の協力が得られなければ「米国が独自の行動をとる」と強調。米国の大幅な対中貿易赤字についても「100日計画」を立て、削減に取り組むことで一致した。

 両首脳は、2日間の会談で約7時間を過ごした。トランプ氏は「習氏との関係は深まった。今後、会談を重ねて問題を解決できると信じている」と指摘。習氏も「多くの分野で共通認識に至った」と語った。

 一方で、具体的な課題の進展はなかった。両首脳をトップに外交や経済など幅広い問題を話し合う4分野の「米中包括対話」を新設することでは一致。トランプ政権にとっては、対中関係を重視して協調路線をとったオバマ前政権とは一線を画し、期限を設けて中国側の行動を促す「結果重視」の姿勢を明確にした。

 会談後に記者会見したティラーソン国務長官によると、両首脳は北朝鮮の核・ミサイル問題について「深刻な段階」に達しているとの認識で一致。国連制裁の完全履行を確認した。米政府当局者によると、履行しない場合は北朝鮮と取引がある中国企業を制裁対象にする意向を伝達。米NBCテレビによると、米政権は核兵器を在韓米軍に再配備することも検討している。この方針が習氏に伝えられた可能性がある。

 また、中国の産業や農業の政策…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら