[PR]

 北朝鮮外務省は8日、米国のシリアへのミサイル攻撃について「明白な侵略行為であり絶対に許されず、強く断罪する」とする談話を発表した。朝鮮中央通信が報じた。北朝鮮がシリア攻撃についての立場を明らかにしたのは初めて。

 談話は「一部ではシリアに対する米国の軍事的攻撃が我々への警告の行動であると騒いでいるが、それに驚く我々ではない」と述べたうえで、「今日の現実は、力には力で立ち向かうべきであり、核戦力を強化してきた我々の選択の正しさを実証している」とし、核ミサイル開発を正当化した。(ソウル=武田肇)