[PR]

スモーブロー@デンマーク

 北欧デンマークのランチの定番は、「スモーブロー」と呼ばれるオープンサンドイッチだ。私が大学でデンマーク語を学んだ約20年前、デンマークに行った際はよく食べたが、当時は「具材をのせたパン」ぐらいの印象しかなかった。

 そんなスモーブローの味が、今大きく変わっているという。再訪し、久しぶりに試してみた。

 デンマーク語で「スモー」はバター、「ブロー」はパンの意味。デンマークでとれるライ麦でつくった歯ごたえのある黒いパンにバターを塗り、好きな食材をのせる。クリスマスや復活祭には、家族でテーブルを囲んでたべる国民食でもある。

 在日デンマーク大使館の元職員で、現在は雑誌や本の編集を手がけているイェンス・イェンセンさん(40)に紹介してもらい、コペンハーゲンでスモーブロー専門レストラン「オーマンス・エタブリスメン」を経営するアダム・オーマンさん(42)を訪ねた。

 コペンハーゲン中心部から少し離れた通りにあるレストランで、「昔ながらのニシンのマリネ」と「牛肉のタルタル」の二つのスモーブローを注文した。

 「ニシンのマリネ」は、自家製…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

関連ニュース