[PR]

 内閣府は10日、商店主やタクシー運転手らに景気の実感を聞いた3月の景気ウォッチャー調査を発表した。景気の現状を示す指数(季節調整値)は前月より1.2ポイント低い47.4だった。悪化は3カ月連続。基調判断は「持ち直しが続いているものの、引き続き一服感が見られる」で据え置いた。「家計」「企業」「雇用」の3分野ともに前月より低下。飲食業などで人手不足を指摘する意見が多かったという。