[PR]

 アニメの仕事してみたい? いやいや絵が描けないとダメなんじゃ? 収入ってどうなの? トシいってからじゃ無理? どんな会社や職種があるの? 求められるスキルって? 景気は? 行く末は?

 そんな疑問に業界関係者が答えてくれるトークセッションを取材してきました。4月8日に東京都の練馬区立区民・産業プラザで開催されたアニメ業界合同ジョブフェア「ワクワーク2018」内でのイベントで、登壇者はアニメ制作会社ウルトラスーパーピクチャーズの平澤直プロデューサー、日本動画協会の小林洋子事業担当プロデューサー、「誰がこれからのアニメをつくるのか? 中国資本とネット配信が起こす静かな革命」(星海社新書)を出したジャーナリスト数土直志さん、声優事務所・プロダクション「EARLY WING(アーリーウィング)」取締役の植木純一さん、キャラクターグッズメーカー「コンテンツシード」の大塚則和代表。司会は同フェアを運営するワクワークの中山英樹社長です。

 学生ら就職希望者を前に、率直かつ刺激的な意見が飛び交ったトークの模様をたっぷりとどうぞ。

 中山「学生さんに『アニメ業界…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら