[PR]

 南知多ビーチランド(美浜町)に14日、伊勢湾で漁網にかかった生きたマンボウが搬入された。

 全長98センチ、体高133センチ、体重44キロ。南知多町豊浜漁港の南約15キロの沖で、シャコやアカザエビなどを捕る底引き網にかかり、13日夜に豊浜漁協から連絡が入ったという。

 ビーチランドによると、マンボウはクラゲや動物プランクトンを餌にして外洋に広く生息し、内湾で見つかるのは珍しい。「餌を追ってきたのか、潮に流されたのか、外敵に追われたのか……」と広報担当者。

 今のところ、一般公開の予定はないという。2010年と13年にも同様の搬入例があったが、いずれも数日で死亡した。

関連ニュース