[PR]

 大手コンビニ5社と経済産業省が18日、2025年までにコンビニで取り扱う全商品に電子タグをつけることで合意したと発表した。消費者が自ら会計を済ませるセルフレジを本格的に導入できるようになり、コンビニ側は人手不足の解決策にと期待する。

 セブン―イレブン、ファミリーマート、ローソン、ミニストップ、ニューデイズで取り扱う全商品が対象で、年約1千億個の見込み。商品情報などが含まれた電子タグをつけ、食品メーカーなどが商品を出荷する。18年をめどに、コンビニ各社が一部の地域で実験を始め、課題を洗い出す。

 経産省によると、一般的な電子…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら