[PR]

阪神・岩貞祐太投手

(18日、阪神3―1中日)

 やっと、故郷に10万円を届けられる。

 登板3試合目での今季初勝利。苦しんだ。勝ち越した直後の八回、2連打で無死一、二塁を招いた。変わらず左腕を強く振る。荒木にバントを2球、ファウルにさせ、最後は変化球で遊ゴロ併殺に仕留めた。後は救援に託した。

 熊本・必由館高、横浜商大出身の4年目。大好きなふるさとが震災に襲われた昨季、頭角を現し、10勝(9敗)を積み上げた。真っすぐな性格の九州男児だ。昨年6月の広島戦、九回2死からの適時打で追いつかれて降板し、ベンチで人目もはばからず泣いた。

 道路が波打っていたり、通行止めだったり。昨年末、帰省し、感じた。「まだ復興しきれていない」。今季、1勝につき義援金10万円、野球に打ち込む子どもたちには、三振一つにつき軟式ボール1ダースを贈ることを決めた。

 「ここからスタートしていきたい。風化させられないし、忘れることはない。僕に出来ることは野球しかないので一生懸命、やっていきたいと思います」(竹田竜世)

こんなニュースも