科学技術の進歩に大きく寄与した人に与えられる日本国際賞の授賞式が19日、天皇、皇后両陛下を迎え、東京都千代田区の国立劇場で開かれた。

 今年は、情報セキュリティー分野に貢献したイスラエルのアディ・シャミア博士と、遺伝子工学に「革命的な新技術をもたらした」とされるフランスのエマニュエル・シャルパンティエ博士、米国のジェニファー・ダウドナ博士が受賞した。両陛下は3氏を拍手でたたえ、退場する際に言葉を交わしていた。