[PR]

 アフリカ中部のコンゴ民主共和国(旧ザイール)東部の国連施設で18日、隣国南スーダンの反政府勢力が国連職員16人を人質に取り、立てこもった。国連職員は数時間後に解放された。AFP通信などが伝えた。

 AFPによると、国連職員を一時人質に取ったのは、南スーダンのマシャル前副大統領派の反政府勢力。昨年7月、政府軍と大規模な戦闘が起きた際、隣国コンゴに逃げ込んでいた。マシャル氏は南アフリカに逃れたが、戦闘員ら500人以上がコンゴにとどまっていた。(三浦英之