[PR]

 「ノーヒットノーラン間際までいくとは思わなかった」。22歳の快投をマツダスタジアムで見守っていた上原玲風(れいか)さん(22)。慶応大学野球部の元マネジャーである彼女は、7日にプロ初勝利を挙げた加藤拓也と同級生で、この春、広島ホームテレビに入社したばかりの新入社員だ。

 2人が出会ったのは、高校3年の秋。上原さんが加藤の通う慶応高校の文化祭に顔を出したのがきっかけ。「第一印象はフレンドリー。ぶっきらぼうな感じはなかった」。その後、大学に進学した2人は野球部に入部。上原さんはマネジャーとして選手をサポートする日々。一方、1年生ながら春のリーグ戦から登板した加藤は、秋には勝ち星を挙げるなど頭角を現していった。

 次第に増す重圧と責任感。「メンタルが強いと評価されていたけど、気にする部分もあったのかな」。敗戦の責任を背負い、電話では震える声で悔しさを言葉にすることもあった。

 2年の春には主戦としてリーグ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら