[PR]

 韓国大統領選に野党第2党「国民の党」から立候補した安哲秀(アンチョルス)・元常任共同代表が19日、朝日新聞の書面インタビューに回答を寄せた。全文は以下の通り。

 ――安候補は「改革中道」とも言われますが、どのような政治理念を最も重視しますか。

 政治は特定の地域や世代、特定の理念を支持する層を意識するものではなく、国民全体を意識したものだ。過去、政治家が地域や理念を分け合い、既得権を守ろうとしたため、国民が政治に失望したのではないか。

 進歩と保守が地域を分け合った…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも