天皇、皇后両陛下が主催する春の園遊会が20日、東京・元赤坂の赤坂御苑で開かれ、各界の功績者ら約2千人が出席した。昨年11月の秋の園遊会が三笠宮さまの逝去で中止になったため、今回はリオ五輪の金メダリストが多く招かれた。

 白を基調とした着物姿で出席したレスリング女子の伊調馨選手に、天皇陛下は「よい成果をおさめられてよかったですね」と声をかけた。伊調選手は懇談後、「ここまでやってきてよかったなという気持ちになった」と笑顔を見せた。

 卓球女子団体銅メダルの福原愛選手に、皇后さまは昨年9月に結婚したことを祝福しつつ、「立派に主将のお役を果たしになって」「(石川佳純、伊藤美誠両選手と)3人で励まし合って良い試合をしてくださいましたね。ありがとう」とねぎらった。

 また、昨年の熊本地震の対応にあたった蒲島郁夫知事に、天皇陛下は「震災大変でしたね」「これからも体を大事にして、皆のためによろしくね、努めてください」と励ました。

 長期療養中の雅子さまも出席。2003年秋の園遊会以来となる着物姿だった。薄い水色を基調とした着物で、負担を考慮し、招待客と10分ほど懇談した後に途中退席した。(多田晃子、緒方雄大)