[PR]

 山と田畑に囲まれた静かな津市の里山に、私立の美術館が開館して1年。お気に入りの美術作家の作品を見ようと、県外から訪れる人もいる。

 津市白山町川口にある私立大室美術館。建築家の大室佑介さん(35)が、友人らの手を借りて約5万円で建てた。もとは、妻で彫刻家の中谷ミチコさん(35)の祖父(故人)が自宅前で営んでいた革製品の工場。約20年前に廃業後、放置されていた。

 大室さんは東京都練馬区に設計事務所を持ちながら、3年ほど前から祖父宅に生活を移してきた。きっかけは、中谷さんのアトリエを確保するため。東京や近郊で探すと家賃が高く、祖父のガレージをアトリエにすることにした。

 東京にいる方が仕事はある。で…

この記事は有料会員記事です。残り808文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り808文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り808文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
関連ニュース