[PR]

 岐阜薬科大学(岐阜市)などは21日、県内に自生するシダ植物「トウゲシバ」を使い、「認知症サプリメント」を開発すると発表した。早ければ来春にも商品化される予定。

 同大によると、トウゲシバに含まれるアルカロイドという成分から抽出した物質「ヒューペルジンA」が、認知症に効果があるという。ヒトでの有用性も確認されているという。

 アルツハイマー病は発病の10~20年前から始まっているとされる。今回開発するサプリメントは、健康時から飲むことが前提だという。

 同大や県、県内企業などが20…

この記事は有料会員記事です。残り201文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り201文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り201文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
関連ニュース