てんでんこ:皇室と震災10

 天皇、皇后両陛下は東日本大震災発生直後の2011年3~5月に7都県で被災者を見舞った。その際、各地で支援に携わる自衛隊幹部らとも面会した。

 宮城県を訪れた4月27日は、震災発生から1カ月半後。25日に東北新幹線が仙台まで復旧し、29日にはプロ野球の東北楽天ゴールデンイーグルスやサッカーJリーグのベガルタ仙台が開幕戦を催すなど、復旧、復興への足がかりがつきはじめた時期だった。

 陸上自衛隊東北方面総監の君塚栄治(きみづかえいじ)さん(15年死去)は宮城県東松島市の松島基地で両陛下を迎えた。

 かつて君塚さんに取材したとき、印象深かった話がある。「遺体の扱い」だ。3月14日に被災地の陸海空の統合任務部隊指揮官に任命された際、当時の北沢俊美防衛相(79)に「ご遺体は生きている人と同じように、丁寧に扱ってください」と言われたという。

 君塚さんは大臣の言葉を部下に…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら