[PR]

 大阪府の松井一郎知事は23日、関西空港からパリへ出発し、現地に到着した。2025年の国際博覧会(万博)を大阪で開く立候補表明の文書を、日本政府代表の木寺昌人・駐仏大使らとともにパリの博覧会国際事務局(BIE)本部に提出する。帰国は27日。

 25年の万博にはすでにフランスが立候補しており、松井知事らはパリに駐在する各国大使らと面会し、日本への支援を働きかける予定だ。出発前、松井知事は記者団に「大阪の良さを伝え、日本なら世界の課題を解決できる技術とサービスを十分に担えると丁寧に説明したい」と語った。

こんなニュースも