[PR]

 フィギュアスケートの2016~17年シーズンが幕を閉じた。今季最終戦となった世界国別対抗戦では、日本の男女シングルが強さを発揮。来年の平昌五輪に向けて弾みがついた。

 女子フリーでは、今季シニア転向した17歳の三原舞依(神戸ポートアイランドク)と16歳の樋口新葉(東京・日本橋女学館高)が世界女王のエフゲニア・メドベジェワ(ロシア)に次ぐ2位、3位に入った。世界のトップで活躍した浅田真央、村上佳菜子が引退した日本女子に明るい兆しだ。

 三原の今大会のSP(ショートプログラム)、フリーの合計218・27点は日本歴代2位。世界でも宮原知子(関大)に次ぐ5位だ。「魔法をかけてもらったと思うくらい、信じられないことが起きた。幸せだらけの1シーズン」と笑顔を見せた。

 樋口も世界歴代8位の合計216・71点。今大会の公式練習では、トリプルアクセル(3回転半)ジャンプを2度着氷させた。来季はプログラムに組み込む予定といい、成功させれば高得点を狙える。

 平昌五輪の女子の出場枠は2。…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら