天皇陛下の退位を実現する特例法案をめぐり、政府の骨子案が修正され、皇室典範付則の改正は与野党合意に基づいて「天皇の退位」との表現を加えることが23日、明らかになった。衆参両院正副議長による「とりまとめ」に沿って、原案にはなかった「お気持ち」も明記した。ただ、政府・自民党は法案名に「陛下」を加える方針は維持。退位は例外的と位置付ける色合いは残している。

 自民、公明、民進3党は骨子案をめぐり水面下で協議を続けている。政府は近く、修正した骨子案を各党・会派に示す見通しだ。

 修正案は、皇室典範付則を改正する文言について「この法律の特例として天皇の退位について定める特例法はこの法律と一体を成す」と明記した。原案では「この法律の特例として天皇の退位について定める」とのくだりがなかったが、とりまとめに合わせた。

 また、特例法案第1条に盛り込…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら