【動画】道の駅にある高さ約7メートルの巨大模型の搭乗会が開かれた=小川奈々撮影
[PR]

 岡山県津山市宮尾の道の駅「久米の里」に全長約7メートル、重さ約2トンの巨大模型がそびえ立っている。アニメ「機動戦士Zガンダム」に登場するモビルスーツを模し、市内の男性が約20年前に作製。今では道の駅のシンボル的存在となっている。

 周囲に田畑が広がる国道沿いの道の駅。青空が広がった先月23日、巨大模型の搭乗会が行われた。

 道の駅のイベント「仙人まつり」の一環で毎年1回開かれており、この日は先着120組の家族連れらが模型に乗り込んだ。2001年から始まり、この日で搭乗者は5千人を突破した。

 参加者たちは、コックピットに座って「発進!」とはしゃいだり、写真撮影を楽しんだりしていた。

 午後の部の1時間以上前から並んでいたのは、近くに住む小学5年生、井上叶夢(かなむ)くん(10)。これまで何度か搭乗を試みたが、あっという間に枠が埋まり、乗れずにいたという。

 この日は弟と一緒に搭乗を果たし、「中が思ったより広かった。ずっと乗ってみたかったから、うれしい」と笑顔を見せた。

 祭りに来ていた宮地昭範市長は「モビルスーツは津山の貴重な観光資源」と太鼓判を押す。久米の里の事務長・浅図美鈴さん(55)も「地域のシンボルで、守り神のよう。今では『ガンダムの道の駅』と呼ばれていて、なくてはならない存在です」と話した。

 模型は1999年、津山市の中…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら