[PR]

 自衛隊や在日米軍が、ツイッターやフェイスブック(FB)といったSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)を使った情報発信に力を入れている。親しみを持ってもらうのが主な目的だが、「情報戦」をにらんだ活用も模索している。

災害派遣も発信

 雪上に止めた自衛隊の大型車両、捜索の準備をする迷彩服姿の隊員……。今年3月に栃木県那須町で雪崩事故が起きた際、派遣された隊員らの写真が、陸上自衛隊のFBやツイッターに掲載された。FBには反応が約1万件寄せられた。

 陸自によると、こうした災害現場で活動する隊員の写真をSNSに投稿すると、3万人以上が反応することもあるという。「災害派遣には反響が多く、自衛隊の活動を知ってもらう機会になる」。陸自のインターネット担当者は話す。

 陸自がツイッターを始めたのは、東日本大震災直後の2011年3月。フォロワーは50万人を超す。13年2月にはFBも始め、約20万人が登録している。

 昨年4月の熊本地震の時にはFBで、倒壊したアパートの捜索や救援物資の運搬の様子を写真や動画で紹介。入浴できる場所や給水所の情報へのリンクも載せた。担当者は「自衛隊にしか撮れない写真もある。夜間も、独自の情報発信を心がけた」。

 自衛隊をめぐる事件や事故などの不祥事は基本的に扱わないが、ニュースを載せることも。昨年、南スーダンでの国連平和維持活動(PKO)に参加する陸自の派遣部隊が出発した際は、空港で子どもと抱き合って別れを惜しむ写真などをアップ。FBでは約8500人から反応があった。

 海自は昨年から動画サイトのユーチューブで、独自製作番組「基地のある街」シリーズを流している。これまでに横須賀(神奈川県)、呉(広島県)、佐世保(長崎県)、舞鶴(京都府)など10基地を取り上げた。動画は約10分で、現役自衛官の女性がリポーターとして基地内を案内するほか、地元のグルメの紹介もする。広報担当者は「親近感を持ってもらうのが狙い」と話す。

 一方、海自のFBには、アフリカ東部、スリランカ、東南アジアなど、世界各地での艦船や哨戒機の活動もリアルタイムで掲載されている。時にはミサイルを発射したり、拳銃を構えたりする様子も出す。

 海自は昨秋の図上演習のメニューに、有事の広報も盛り込んだ。個人のSNSで非公表の情報が流出する事態も念頭に置く。

 海自幹部は「万が一の場合には情報戦も想定される。敵対する相手がうそを流したり、SNSを通じて戦況が明るみに出たりする恐れもある。SNSをどう有効に活用していくかは今後の課題だ」と話す。

■在日米海軍司令部、フォロワー…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら