【動画】豊田自動織機の原点「G型自動織機」の仕組みを学ぶ新入社員たち=初見翔撮影
[PR]

 豊田自動織機の新入社員が24日、同社の原点「G型自動織機」の歴史や仕組みを学んだ。事務職の新人34人が、愛知県大府市にある同社の施設で、実際の3分の1の大きさの模型を分解したり組み立てたりした。

 G型は豊田佐吉が1924年に発明。同社は、この織機をつくって販売するために26年に発足した。菅野亮さん(22)は「より便利に、より故障しないようにと、お客様の目線で発明されたことが分かった」と話した。(初見翔)

関連ニュース