拡大する写真・図版 ベゴニアが咲き誇る「くじゅう高原フラワーズヴァレー」。野上善孝さん(右)と妻の智恵美さん=大分県竹田市久住町、金子淳撮影

[PR]

 赤、黄、ピンク……今年もカラフルなベゴニアが咲いた。大分県の山間部にある竹田(たけた)市久住町の「くじゅう高原フラワーズヴァレー」。野上善孝さん(63)が約20年前に脱サラして始めた観光植物園だ。

 大分県豊後高田市生まれ。幼い頃から植物が好きで、中学時代には国東(くにさき)半島の山々を自転車で駆け巡り、植物を採集した。農業高校を出て、大分市のデパートに就職。園芸部門で働いた。だが仕事に追われ、週末も休めない。

 「金はなくてもいい。家族と過ごしたい」。42歳。3人目の子も生まれたばかり。久住に移り住んで植物園をやりたい、と話すと、両親らは反対したが、妻の智恵美さん(55)だけは「やってみなきゃ、わからんやん」と賛成してくれた。

 電気や水道も通っていない原野を開拓し、2年がかりで温室を造った。だが、客は少なかった。町の広報紙に載せてもらったり、友人にラジオで紹介してもらったりして、徐々に訪れる人が増えた。併設するレストランで智恵美さんと長男雄大(ゆうた)さん(33)が作るオムライスやハンバーグも人気になった。ようやく安定してきたな、と感じられるようになったのは10年ほど経ってからだった。

 2015年秋ごろから、せきが…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら