[PR]

 北朝鮮は25日、軍創建85周年を迎えた。北朝鮮は国内向けのメディアで米国への非難を強めているが、大規模な軍事行動を起こす兆候は見られない。米海軍原子力空母カールビンソンの朝鮮半島近海への接近を受けて、慎重に対応しているとみられる。

 朝鮮中央テレビによれば、北朝鮮の朴永植(パクヨンシク)人民武力相(国防相)は24日、平壌で開かれた軍創建記念行事で「米国が望むどんな戦争方式にも対応する無敵の力がある」と強調。「アジア・太平洋地域の米軍基地と米国本土に向けて発射待機状態にある」と語った。同行事に、金正恩(キムジョンウン)・朝鮮労働党委員長は出席しなかった。

 韓国政府によれば、北東部の咸鏡北道豊渓里(ハムギョンブクトプンゲリ)にある核実験場では、いつでも6度目の核実験に踏み切れる状態にある。

 ただ、軍事関係筋によれば、核…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも