[PR]

 Bリーグの参加に必要なクラブライセンスの交付先が5日に発表された。現在、B2中地区4位の東京EXは、要件を満たす本拠アリーナを確保できなかったためライセンスが交付されず、シーズンの結果を待たずに来季のB3降格が決まった。

 直後の7日、東京都板橋区小豆沢体育館での本拠戦に駆けつけた今泉麗さん(22)は「驚いたし、悲しい。でもB3になっても応援します」。NBLの下部リーグに参入した2013年から板橋区に本拠を置いて4季目。同体育館は約1千人しか収容できないがいつもほぼ満員だ。地域密着が進み、二つ目の後援会も設立に向け準備中だった。

 「3千人以上の観客席がある本拠アリーナで6割の本拠戦を実施」。それがB2ライセンス取得のための会場の要件だ。東京EXは15年にリーグがB1~B3の振り分けを決めた際、区が「収容人数の増加などあらゆる工夫をする」などの支援方針を示したため、B2入りが認められた。ところが昨年10月、区から財政面などを理由に「短期でのアリーナ建設は難しい」と通告された。

 同11月、小豆沢体育館に足を運んで盛り上がりを目の当たりにした大河正明チェアマンは「B2に残るべきチーム。一緒に解決したいと思った」という。クラブと共にアリーナ探しに奔走したが、見つからなかった。「決定の1週間前まで粘った」といい、会見では「非常に残念。もったいない」と繰り返した。

 12年からクラブライセンス制…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら