[PR]

 【松尾慈子】人気コラムニスト、ジェーン・スーが初めて原作をかいたのがこの作品。妙齢女子の悲哀と楽しさを書かせたら当代右に出る者はいないのではないか、と私が勝手に思っているスー。知らない方には誤解なきよう書いておきますが、40代の日本女性です。

 代表作「貴様いつまで女子でいるつもりだ問題」「女の甲冑(かっちゅう)、着たり脱いだり毎日が戦なり。」など、40代女子の孤独であったり、しんどかったり、楽しかったりする日々をつづってきたスー。私は彼女の著作を愛読してきたが、まさか漫画原作を書いてくれるとは。

 本作の主人公は、意外や既婚女子。40歳、編集プロダクションに勤め、郊外にマンションを買い、夫も家も仕事もあって人生順風満帆に見える亜弥。だが気付いたら、体のいろんなところが垂れ下がり、会社では雑用ばかりを押しつけられ、夫は相談もなしに早期退職したがっている。全部持っているはずなのに、「持てば持つほど身動きとれなくなるんだよ 怖くて手放せなくなるんだよ」と不安になる亜弥。

 アラフォー女子のどこか満たさ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも