[PR]

 東日本大震災をめぐり「東北で良かった」などと発言した責任をとり、今村雅弘復興相は26日朝、安倍晋三首相に辞表を提出した。これを受け、首相は後任の復興相に吉野正芳・元環境副大臣の起用を決め、吉野氏が認証式を経て就任した。首相は同日、記者団に「任命責任はもとより、内閣総理大臣たる私にある。こうした結果となり、国民の皆さまに心からおわび申し上げる」と謝罪した。

 首相は今村氏を事実上更迭して早期に復興相を交代させることで、事態を収拾させたい考えだ。だが、野党は安倍内閣の閣僚らから失言などが相次いでいることも踏まえ、首相の任命責任を厳しく追及する方針。会期末まで2カ月を切った国会審議にも遅れが出始めており、政権運営への打撃は避けられない情勢だ。

 今村氏は26日朝、首相官邸で首相に辞表を提出した。その後、自らの発言について記者団に「私の不徳のいたすところであり、誠に申し訳ない。心からおわび申し上げる」と改めて謝罪した。その上で、「復興相をやって、辞任をした。残された(衆院議員としての)職責をしっかりとやっていくつもりだ」と語り、議員辞職は否定した。

 首相もその後、記者団の取材に応じ、「(25日夜の)今村大臣の講演で、被災者の皆さまのお気持ちを傷つける極めて不適切な発言があった」などと謝罪。閣僚らから失言などが相次ぐ状況について、「緩みがあるのではないかという厳しい指摘もある。真摯(しんし)に受け止めなければならない」と述べた。

 後任の吉野氏は26日午前、皇居での認証式を経て正式に復興相に就任した。吉野氏は被災地の衆院福島5区選出で、衆院震災復興特別委員長を務めている。復興相就任について、吉野氏は同日、記者団に「(被災地が)地元なので復興命で頑張る。まずは廃炉を加速することが、福島の復興につながる」などと抱負を語った。

こんなニュースも