[PR]

 不死身の体を得た男、万次(まんじ)。体内に細胞をよみがえらせる虫を仕込まれ、斬られても斬られても死なない。死ねない。

 現実にはありえない設定だが、「現場にはウソがなかった」と振り返る。台本の表に名前を、裏に「I’ll do my Best(最善を尽くす)」と書いて挑んだ。「10代の頃から同じ言葉です。作品にどう関わっていくかが大事なんで」

 冒頭、万次は最愛の妹(杉咲花)を殺された怒りに駆られて、100人の追っ手に立ち向かう。三池崇史監督は本当に100人になるまで斬らせた。「監督は数えていましたね。もちろん幸せを感じました」

 三池監督は斬り合いのシーンに…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら