[PR]

 島根県雲南市教育委員会は26日、同市大東町の電柱で営巣している国の特別天然記念物コウノトリのペアにヒナが生まれたと発表した。1971年、野生で姿を消して以来、兵庫県豊岡市一帯以外の野外でヒナが誕生したのは、3月の徳島県鳴門市に次いで2例目。

 ペアは福井県で放鳥された雄(2歳)と豊岡市で生まれた雌(5歳)で、3月下旬に産卵したとみられていた。野生への放鳥を続けている兵庫県立コウノトリの郷公園(豊岡市)の専門家らが、少なくとも1羽が孵化(ふか)しているのを映像で確認した。巣にはまだ卵が残っているという。

 郷公園の山岸哲園長は「ペアが定着し、抱卵、孵化に至るまでこのように早く順調に進んだ例は珍しく、よほどこの地を気に入ったのだと思われる」との談話を出した。(木脇みのり)