[PR]

 東京電力福島第一原発事故に伴う避難指示が3月末に大部分で解除された飯舘村。解除からまもなく1カ月を迎える村を27日、村外の仮設校舎で学ぶ飯舘中学校の生徒が訪れた。復興のスタートラインで奮闘する人々の姿と言葉に触れ、生徒たちの胸にはそれぞれの、ふるさとへの思いが芽生えていた。

 すでにイチゴが収穫された後のビニールハウスの中で、生徒たちは3年前に村内からイチゴの出荷を再開させた「いいたていちごランド」の佐藤博社長(65)の話に聴き入った。

 「震災後は県外への出荷が減ってしまった。これからは県外への出荷に力を入れていきたい」。佐藤さんがそう語りかけると、生徒の一人が「僕たちに何ができますか」と質問。佐藤さんは「食べてもらうことです。それが何よりだね」

 飯舘中の生徒たちはこれまで、…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

関連ニュース