[PR]

 厚生労働省が今国会への提出を目指している受動喫煙対策を強化する法改正案をめぐり、賛成派と反対派が26日、塩崎恭久厚労相ら宛ての署名を提出した。

 賛成派は、肺がん患者らでつくる日本肺がん患者連絡会と日本禁煙学会。3万8122人分を集め、「受動喫煙のない社会は、がんの撲滅をめざす皆さんの切実な願い」と訴える。

 反対派は、たばこ業界の関係団体や、飲食店などで構成する全国生活衛生同業組合中央会。飲食店の客の分も含めて116万7168人分を集めた。「厚労省案では小規模店が立ちゆかなくなる」と主張する。

 いずれも書面やネットで約1~…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら