[PR]

 「私のクラスメートはみな、『小さな兵士』として靖国神社に入れられ、首相に参拝されるなんて思わなかったはず。憲法無視は明らかなのに、裁判所は認めず、とても心外です」

 4月28日、東京地裁。東京都品川区の関千枝子さん(85)は無念さをにじませた。安倍晋三首相による2013年の靖国神社参拝は憲法20条の政教分離原則に反するとして、国や首相、神社に、今後の参拝差し止めなどを求めた訴訟。地裁は違憲かどうかを判断せず、関さんらの訴えを退けた。

 72年前の8月6日。広島県立広島第二高等女学校の2年西組は、空襲による延焼を防ぐため、建物を壊しておく国策の「建物疎開作業」に駆り出されていた。関さんはたまたま病気で休み、郊外の自宅にいた。だが、クラスメートの39人は爆心地近くの広島市中心部で被爆し、うち38人は2週間以内に亡くなった。

 戦後、新聞記者になり、遺族らを取材するうちに、クラスメートたちが「準軍属」と認定され、靖国神社に合祀(ごうし)されたことを知った。「ありがたい」と歓迎する遺族もいたが、国策で建物疎開作業を強いられた少女たちが、かつての国家神道の中心施設とされた靖国神社にまつられたことに疑問がわいた。

 「私も学校を休んでいなかったら、被爆死が『名誉の死』になり、英霊としてまつられていたと思うと、ぞっとした」

 戦争放棄の憲法9条、国民主権の前文と比べ、政教分離原則や信教の自由の意義は知られていないと感じる。だが、関さんは「憲法の政教分離原則は9条と表裏をなす平和思想。首相が靖国神社を特別視して参拝し、戦没者を英霊としてたたえることは、戦前の軍国主義につながる行為で許せない」。控訴し、戦い続けるつもりだ。(岡本玄)

     ◇

 〈憲法20条〉 国及びその機関は、宗教教育その他いかなる宗教的活動もしてはならない。