[PR]

 沖縄県石垣市の自宅で乾燥大麻を持っていたとして大麻取締法違反(所持)の罪に問われた元俳優の高樹沙耶(本名・益戸育江)被告(53)に対し、那覇地裁は27日、懲役1年執行猶予3年(求刑懲役1年)を言い渡した。

 判決によると、高樹被告は、同居していた会社役員森山繁成被告(58)=同罪で公判中=らと共謀し、石垣市の自宅で乾燥大麻約55グラムを所持した。

 潮海(しおみ)二郎裁判長は、高樹被告が2013年から森山被告と大麻を一緒に多数回使用したと話していることから「責任を軽く見ることはできない」と述べた。

 高樹被告は判決後、報道陣の取材に「お騒がせしたことをおわびしたい」と話した。控訴はせず、昨年出馬した参議院選挙などで主張していた医療用大麻の合法化運動については「一線からひく」という。一方、涙声で「大麻女優と呼ばれたが、ふざけた気持ちで大麻に向き合ってきたわけではない。医療で困っている人のために使うことができたらという思いで頑張ってきた」とも話した。(小山謙太郎)