[PR]

 世界文化遺産登録を目指す古市古墳群がある藤井寺市は、築造当時の古墳群を拡張現実(AR)や仮想現実(VR)で紹介するスマホ向けアプリを配信している。古墳に足を運んでもらい、身近に感じてもらうことで、登録の機運を盛り上げる狙いがある。

 アプリは「藤井寺 古墳探検」。スマホやタブレット端末から無料でダウンロードできる。古墳にある解説板のQRコードをスマホなどで読み込むことで、現実の風景と当時の様子を見比べたり、古墳の説明などを読んだりすることができる。

 現地に行かずに当時の姿をCGで楽しめるVRには、羽曳野市の応神陵古墳や藤井寺市の津堂城山古墳など4基が収録されている。スマホなどをその場でかざすと、360度に当時の古墳群が広がる。現存しない古墳なども再現。VR画面のまま、スマホを持ってその場でジャンプすると、上空から見た古墳群の様子を約10秒間楽しむことができる。

 ARには同市の古室山古墳のみ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら